体内被曝測定機 WAT13-16は、人体に取り込まれた放射性核種から発するガンマ放射線を測り、ファームウェアの分光計のデータによって、個人の体内汚染の数値を計算します。


・安定した計測
・分光計を用いた放射線の分析と測定モードの選択
・最適値推定法と効果的アルゴリズムによるデータ処理
・放射線分析の測定モードにより放射性核種を確定する
・放射性核種の識別情報が、リーフレット( 253 kb )でダウンロードできます。
・予想される体内の放射線量は、Acrobat Reader をダウンロードすることで計算できます。
・全身測定装置の機能、データベースとレポートは柔軟なプログラムによりコントロールされます
・測定に使用する椅子はコンパクトなデザインです。
・素早いバックグランドの測定には、スペクトラアプリケーション操作のgeneration functionを使用


・放射線事故にあった人々やスタッフのその後はモニタリング
・呼吸で吸い込みやすい放射線核種の在る職場の安全管理
・原子力産業で働く、 または放射線源に近いところで働くスタッフの健康管理


検知できるガンマ放射線エネルギー 範囲 0.05 - 3 MeV
最小限の測定動作 300Bq (ベクレル)/放射性核種137Cs(セシュウム) 
身体の測定時間 約3分(成人)
スタンダードモードによる測定上限 40KBq (キロベクレル)/放射性核種137Cs(セシュウム) 
固有の測定エラー ± 15 %
運転モードへのセットアップ 時間 10 分
連続使用時間 24 h
時間当たりの検査可能人数 15 人
動作温度範囲 10 ~ 35 °С
相対湿度 80 % 以下
電源 AC 220 V (50 Hz)
電波妨害 CEI / IEC CISPR 22 : 1997
CEI / IEC CISPR 22 : 1997
電磁場適合性 CEI / IEC 61000 - 4 - 2 : 1995
IEC 61000 - 4 - 4 : 1995
IEC 61000 - 4 - 11 : 1994
機器重量 250 kg
最小設置面積 2000 × 1500 mm
付属品 高性能 プローブ 、 鉛による シールド( 測定機・ 椅子) 、 ACアダプター 、 校正用ガンマ放射線源 (137Cs  9 kBq) 、 操作マニュアル 、 ユーザーガイド 、 測定技術ガイド 、 応用 ソフトウェア  (PC別途)

IEC 61582 International standard requirements
89/336 / EEC Directive
EN 61326 standard requirements  
EN61010 - 1
EN 50371 73/23 / EEC Directive complying with EN61010-1 and EN 50371 standard requirements.