連邦政府ビル ?

先日筆者は、仕事でアメリカに出張しましたが、その時何かしら強いオーラを感じる建物を見つけたので思わず写真を撮りました。
後で地元の人に聞いたら、連邦政府のビルとのこと。
ちょっと見は、デザイナーズビル風のおしゃれな外観ですが、セキュリティの視点で観察すると、実に多くのテロ対策やセキュリティの工夫が見受けられました。

気づいた点は以下のとおりです。
1.
低層階は、出入り口以外はほとんど無窓構造となっており、自動車爆弾の突入や路上での爆発から破片やブラストの直撃を防ぐ構造となっている。
2.
5~6階から上の階は窓があるが、軽合金製のパンチングメタルで覆われ、内部の様子を窺ったり、盗撮されることを防いでいる。
3.
これにより照準できないため、外部からの狙撃が防げる。
4.
窓にレーザ光線を当て、室内の会話等を傍受する装置を無効にする。
5.
電波が遮断されるため、内部からの盗聴電波や、外部からの妨害電波を遮断することができる。
6.
コンピューターノイズや電子装置から洩れる微弱電波を傍受し、データを復元するシステムの作動を無効にする。





セキュリコ トップページ