東京電力福島第一原発事故で出た放射性物質に汚染されたコンクリートがマンション工事に使われた問題が発生しました。

汚染地域でスクラップになった自動車(スクラップになっていない中古車も含む)や、瓦礫から分別された鉄くずによる放射能汚染のが心配です。
他のリサイクル屑鉄と汚染屑鉄を一緒の溶鉱炉に入れたら、汚染生コンの二の舞になります。

海外では、汚染クズ鉄が混入した溶鉱炉事故を経験しており、クズ鉄の搬送・受け入れに際してトラックや列車ごと放射線を測定するシステムが普及しています。
想定外の事態ではありません。 検査体制の整備・実施を至急ご検討下さい。


車載貨物放射線検知システムの詳細は、お問い合わせください。



セキュリコ トップページ