サブルーダ−が、「自分の背後から銃声がした」と証言した場所。・・・・鉄道会社の操車場用駐車場
Elm stからは、3〜5メートルほど高い土手になっており、木塀で囲まれている。 狙撃には申し分無いロケーションだが、第二被弾場所の大統領に対しては真横に近い位置関係にある。 サブルーダー証言の"自分の後ろから銃声がしたというのは少し違うかもしれない。 大統領の"頭部の被害から推測すると証言よりももっと西側の跨線橋に近い場所であったのではないだろうか。 この場所では銃を持った不審者や銃声等の供述が多く残されている。

Copyright (C) SECURICO Co.,Ltd. All rights reserved