ダイムラーとベンツ 

1883年、カール・ベンツはベンツ&シー・ライニッシェ・ガスモトーレン・ファブリーク(以降、ベンツ&シー)をマンハイムで立ち上げ、2ストロークエンジンの開発に着手。

1886年には世界で初めて「ガソリンを動力とする車両」に関する特許を取得し、1890年代から自動車を量産していた。
一方、ともに内燃機関の技術者であったゴットリープ・ダイムラーとヴィルヘルム・マイバッハは1890年にダイムラー・モトーレン・ゲゼルシャフト(以降、DMG)をシュトゥットガルトに設立。
自動車の発明ではベンツに後れを取るものの、オーストリア人企業家エミール・イェリネックの支援を受け、1900年にヴィルヘルム・マイバッハ制作のレーシングカーでモータースポーツへの参戦を開始。

これが最初にイェリネックの娘の名前「メルセデス」を冠したマシンメルセデス・35hpであった。モータースポーツでの活躍から、1902年からは市販車にもメルセデスブランドを使用し、販売を拡大していた。
しかし、1920年代に入るとドイツは第一次世界大戦終結後の急激なインフレに見舞われ、経済危機に瀕していた。

これは両社とて例外ではなく、ベンツ&シーは1919年にDMGに最初の合併を持ちかけたが、拒否されてしまう。
だが、財政状況が好転することはなく、1924年5月1日、ついに両社は「相互利益に関する協定(Agreement of Mutual Interest)」を締結し、合併を目指すこととなった。

1926年、両社は合併し、新会社を設立。社名をダイムラー・ベンツとし、本社はDMGの本拠地であるシュトゥットガルトに置かれた。
エンブレムはDMGのスリー・ポインテッド・スターの外側にベンツ&シーの「BENZ」を刻んだものであった。また、新会社はすべての自動車をメルセデス・ベンツ(DMGの「メルセデス」とベンツ&シーの「ベンツ」をとった)ブランドで製造することも決定した。(ウィキペデイアより引用)


メルセデス・ベンツ 3/38hp(1927年)最初にメルセデス・ベンツブランドで生産された車種


ダイムラー・ベンツ時代最後のSクラス(W140)