研 究

プロセス安全グループは、熱的危険性から、化学的比較不可能性まで幅広いグループの事項を研究しています。

新設されたクロマトグラフィー研究所では、研究者は低レベル爆発物から、爆発物探知、適合性、化学操作、熱的危険性、劣化、機械的分解を含む爆発後残留の分析を実施しています。

Smoothed Particle Hydrodynamicsコンピューターモデリング法は、エネルギー物質のコンピューターモデリング分析を提供します。結果は、フィールド研究施設で動的試験を実施する前に予測が可能です。

研究所では、一般的な花火から同位体標識された爆発物までを、実際のテロ攻撃で使用される素材を複製し、また試験に使用するために製造ができます。

今日の高機能な軍事、宇宙、広告システムの多くを構成する、幅広い種類のマイクロエレクトロニックを試験、評価します。

 

 

 

 

 
Copyright (C) SECURICO Co.,Ltd. All rights reserved.