試 験

野外研究施設は、至近距離から5000メートルで射撃可能な射撃場を持っています。
資産は、弾道実験での要求に応え、修正する能力が挙げられます。これらの銃システムは特化したものおよび原型の弾丸・破片を秒速2キロメートルで放つために使用されます。

ガス銃施設は、弾丸を秒速6.4キロメートル以上の速度で放つ、直径1.5インチの射出管の2段階ガス銃を所蔵しています。

300メートルの単線そりは、弾道を保持・固定し、弾頭の速度を本来の速度に保ち、目標物物理エネルギーを損なわない動爆試験を行います。
ロケット弾頭、貫通型爆弾、指向性爆弾の試験、目標貫通研究の正確な衝撃制御の提供、硬目標貫通型爆弾・試験概念の証明に使用されます。

ロケット推進システム試験施設は、低コストの、液体推進剤ロケットエンジン試験能力を提供します。2つの推進スタンドが液体酸素・ケロシンエンジン、液体水素・液体酸素エンジンの試験をサポートします。

対地雷試験トラック施設は、対戦車・対人地雷・不発弾を探知し、武装解除する技術を評価します。

 

 

 


 
Copyright (C) SECURICO Co.,Ltd. All rights reserved.