車両火災は連鎖反応であっという間に広がります。あらゆるエンジンルームと密閉空間の火災をウォーターミストで効果的に消火します。
高圧テクノロジーを取り入れた消火システムです。


耐久性・信頼性に優れた高圧ウォーターミスト消火システム

抜群の冷却および酸素抑制効果を持つウォーターミスト自動消火設備で、ガソリン、軽油を使用するあらゆるタイプのエンジンルームや密閉空間に最適。

● 起動はハイドロニューマチック方式(水力・空気圧方式)で、電気を用いた動作がないため電気配線やバックアップ電源も一切不要。防爆エリアにも設置できます。
● 消火剤のベースは水ですので、人、機材と環境に無害。火災発生後の後片付けも極めて簡単。
● 簡単な保守・整備で安価な維持費を達成。
● 容器はアルマイト処理されたアルミ製であるため、厳しい設置環境下でも、優れた耐腐食性を有しています。


すばらしい冷却効果

下のグラフは模擬エンジンルームでの消火実験における燃焼ガスの温度変化を示します。
火災は20秒で延焼し、温度は870℃に達しました。この時点でフォグメーカーが作動した結果、約10秒で136℃にまで下がりました。この急速な鎮火に加えて、再発火リスクが最小化されたことにより、修理費や修理所要時間の大幅な削減を可能としました。






確実に作動する機能、簡便、確実で保守・点検も容易

防火設備は信頼性が命です。
フォグメーカーには独自のハイドロニューマチック・検知チューブ(液体と気体の作用の利用により動作する検知チューブ)が付いています。このチューブは外部動力や電気・電子的起動装置とは無関係に火災を検知して消火システムを作動させます。検知チューブは内容量1リットルの容器に詰められた窒素と検知液で加圧されています。

火災を検知すると検知チューブが破裂して内圧を下げ、この圧力降下が消火剤容器のバルブを作動させます。検知容器の圧力スイッチが運転席に警報信号を発します。この警報信号は既存の情報システムと一体化させることもできます。
フォグメーカーの配管設計は大変シンプルです。6mmの検知用の加圧水チューブと8mmのステンレスパイプをベースに設計されています。
更に正確な圧力を示す圧力計が消火剤容器と検知容器に取り付けてあります。オプションとして消火剤容器の圧力スイッチも用意しています。



機器材料価格(税抜き)
FM-6.5L(ハイデッカー向け)351,000円
FM-13.0L(ダブルデッカー向け)558,000円
※別途取付工事費がかかります。


ご質問・詳細等はお気軽にお問い合わせください。

メールはこちらまで