事業をスタートするには・・・



警送事業や宅配業等、軽自動車運送業を始めるには、各地方ごとの運輸支局へ事業経営の届出を行ない、事業用の黒ナンバーを取得する必要があります。

貨物軽自動車運送業は、一般貨物運送業と異なり、運行や車両整備の責任者に対する資格要件が無く、運送車両1台から簡単にスタートすることが出来る事業形態です。

貨物軽自動車運送業であれば、初期投資は少額ですみます。軽貨物運送業は一人で始めるという事もあり、人件費はかからず、また仕入れや在庫の問題もないのが特徴で経費があまり掛かかりません。




 警送事業の開業に必要な車両

貨物軽自動車運送事業を始めるには軽貨物車両が1台以上必要となります。
セキュリコでは、ダイハツ・ハイゼットなどの軽四貨物車を、2トン車級の現送車に見劣りしない
高機能な防犯強化型現金輸送車に改装した「K-4」を提供いたしております。「K-4」は、改造した特殊車両として「88」ナンバー登録が可能です。

<特徴
1. 弊社の埼玉工場で製造しておりますので、修理や部品供給等のアフター態勢も万全です。
2. 頑丈で軽量な二重構造式金庫室を備えており、丈夫で使いやすいとご好評をいただいております。
3. 特殊錠前や警報装置を標準装備していますので、納車後すぐ使えます。
4. ローンやオートリースがご利用できますので、イニシャルコストがかかりません。
5. ディーラー様経由の販売となりますので、メーカー保証や修理・車検などのサービスが受けられます。
直接販売は致しておりませんので、車体の購入はお近くのメーカー系ディーラー様にご相談ください。 オプションは、カーナビ、ETC、ラッシングレール、電子錠、防犯フイルム等豊富にご用意してあります。
※軽貨物車両は、自動車税が4000円と普通自動車に比べて格安になっています。

ダイハツ・スズキ・ホンダ・マツダ・日産等、国産全メーカーの車種に対応しています。


 まずは各指定陸運局へ

それほど難しい手続きではありませんが、お近くの行政書士さんに依頼されることをお勧めいたします。

貨物軽自動車運送業を始めるには、各指定陸運局へ貨物軽自動車運送届出書を必ず提出しなければ軽自動車運送業を始める事はできません。
下記にある届出書に記入作成し、貨物担当窓口へ車検証のコピー、価格表(距離毎の運送料金)を添え、提出いたします。
提出し、早い時は、ものの数分で受理され事業用自動車等連絡書を渡されます。
その後連絡書を持参し軽自動車検査協会へ向かいます。



● 軽貨物運送の開業に必要な書類とその記入例



下記の事業用自動車等連絡書を陸運局の貨物窓口から受け取った書類と軽自動車検査協会にてナンバープレート取得手続きをすれば、黒ナンバーを取得し、晴れて軽自動車運送業を始める事ができます。